お返事

 2019-06-30
カスタムメニュー』で致命的な不具合がありました。
横並びでステータス表示する場合に必要な描画領域が確保されていませんでした。
その結果、最終ページのステータスが一部描画されません。
古いものでは問題ないので、おそらく機能追加時に紛れ込んだものと思います。

お返事 の続きを読む

お返事

 2019-06-30
> 神凪洸 さん
報告ありがとうございます。
次のスクリプトを追加するか変更してください。
class Game_Enemy < Game_Battler
#--------------------------------------------------------------------------
# ● ドロップアイテムの配列作成
#--------------------------------------------------------------------------
def make_drop_items
result = []
mbk_enemy = $game_mbook.enemy(self.enemy_id)
enemy.drop_items.each_with_index do |di,i|
next if di.kind <= 0
next if rand * di.denominator >= drop_item_rate
mbk_enemy.drop_items << di.hash if mbk_enemy
result << item_object(di.kind, di.data_id)
end
mbk_enemy.drop_items.uniq! if mbk_enemy
return result
end
end

お返事

 2019-06-28
> 神凪洸 さん
編集するということでしたか。
データベースの順序が保証されるなら、下記のようにすれば可能かもしれません。
敵キャラの ID で同一キャラかを判断するので、ID の使い回しはできません。
ABC の3体がいたとして、ABD に変えると C と D は
同じキャラとして倒した数などが引き継がれます。
class << DataManager
alias _cao_mb_ex_extract_save_contents extract_save_contents
def extract_save_contents(contents)
_cao_mb_ex_extract_save_contents(contents)
$game_mbook.update
end
end
class Game_MonsterBook
def update
init_data = Game_MonsterBook.new
init_data.setup
new_data = init_data.instance_variable_get(:@data)
sw_data = Hash[*self.data.map {|e| [e.enemy_id, e.id] }.flatten]
new_data.drop(1).map(&:enemy_id).each.with_index(1) do |enemy_id,id|
next unless sw_data[enemy_id]
new_data[id] = @data[sw_data[enemy_id]]
end
@data = new_data
@replacement = init_data.instance_variable_get(:@replacement)
end
end


お返事

 2019-06-24
お返事は続きから

お返事 の続きを読む

お返事

 2019-06-22
ブログ更新しなくても、拍手とメールは確認してたのに、
1ヶ月くらい見てないことに気づいた;申し訳ない。
連絡取りたいときは、メールが一番確実かと思います。
お問い合わせフォームもメールで届くので、ほぼ毎日は確認するかな。

お返事 の続きを読む

≪ トップページ ≫
カレンダー
05 << 2019/06 >> 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
タグクラウド

リンク