スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

便利なスクリプト

 2010-02-28
以前、紹介したものと同じものもあるかもですが。

1.遠景の操作
2.タイマーの操作
3.パーティを0に
4.所持アイテムを0に
5.すべてのスキルを忘れる
6.何を装備しているか


1.遠景の操作
現在のマップ設定を適用
$game_map.setup_parallax

遠景の画像を変更
$game_map.instance_variable_set(:@parallax_name, "filename")
 遠景画像の変更
遠景を消したい場合は、ファイル名を空文字列にすれば良いです。
また、ファイル名にはフォルダ名を含める必要はありません。

遠景のループ状態を変更
$game_map.instance_variable_set(:@parallax_loop_x, bool値)
$game_map.instance_variable_set(:@parallax_loop_y, bool値)
それぞれの座標のループを行うかを設定します。
true なら、ループする。false ならループしないです。
$game_map.instance_variable_set(:@parallax_sx, 移動量)
$game_map.instance_variable_set(:@parallax_sy, 移動量)
設定した値分、それぞれの方向へ進めます。

2.タイマーの操作
タイマーのON・OFFを変更
# 始動
$game_system.timer_working = true
# 停止
$game_system.timer_working = false

時間の増減
# 時間を10秒に
$game_system.timer = 10 * Graphics.frame_rate
# 10秒追加
$game_system.timer += 10 * Graphics.frame_rate
# 10秒減らす
$game_system.timer -= 10 * Graphics.frame_rate
# 倍に
$game_system.timer *= 2


3.パーティを0に
for actor in $game_party.members
  $game_party.remove_actor(actor.id)
end
こういうスクリプトは、コモンイベントに「パーティを0に」とか作って使うと
管理しやすいと思いますよ。

4.所持アイテムを0に
items = $data_items + $data_weapons + $data_armors
for item in items
  $game_party.lose_item(item, 9999) if item
end
減らす数は、99 で十分なんですけど、改変してる人は最大数引いてください。
装備品も含めて破棄したい場合は、lose_item(item, 99, true) としてください。

5.すべてのスキルを忘れる
for i in 1...$data_skills.size
  $game_actors[n].forget_skill(i)
end
n には、アクターのIDを入れてください。

6.何を装備しているか
 何も装備していない
 各装備
一応、見える範囲で収まってると思います。

複数の装備品を判定したい場合は、次のようにするといいと思います。
[1, 2, 4, 8].include?($game_actors[n].armor2_id)
これは、身体防具が1,2,4,8番の防具かを判定しています。

コメント




 

 ※ コメント内にURLを含めるには、バッククォート(`)をURLの直前に付け加えてください。


管理人のみ閲覧許可 [?]

小数点単位の細かい遠景の操作出来ないかなーと必死にxpのものを移植しようとエラーと格闘していましたが、思わぬところで見つけられました。
cacaoさんありがとうございます~助かりました。
【2010/04/06 14:01】 | | [編集]
Re:Re:この流れなら言える!
>>無理だよー。
なん…だと…?
>>てことで、おまけスクリプトに追加しておきました。
なん…だと…?

流石CACAOッ!
おれたちにできない事を平然とやってのけるッ
そこにシビれる!あこがれるゥ!

いや本当に
【2010/03/01 00:37】 | ABS | [編集]
Re:この流れなら言える!
無理だよー。

なぜかって?
1.ファイル名は直接指定されてて、ゲーム中には変更できない。
2.背景画像が生成されるのは、マップ表示のとき。
マップが表示された後に実行されるイベントコマンドでは不可。
だからさ( -_-)


なぁに、心配するな。
CACAOさんに掛かれば、こんな問題ちょちょいのちょいさ。

てことで、おまけスクリプトに追加しておきました。
『メッセージ黒背景の変更』スクリプトを導入してくんしゃい。

イベントコマンド「スクリプト」に
$game_message.back_name = "ファイル名"
って、記入すると変更できます。
【2010/02/28 23:18】 | CACAO | [編集]
この流れなら言える!
CACAOさーん!ゲーム中にMassegeBackを変えるスクリプトの記述方法教えてくださーい!
というのはまあ置いておいて

遠景の変更はマジ便利という以前になぜ標準装備されてないのさ!ってレベルですよね!
超参考になります!これからも頑張ってください!
【2010/02/28 13:37】 | ABS | [編集]
トラックバック
トラックバックURL:
http://cacaosoft.blog42.fc2.com/tb.php/369-f81bf7d2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー
08 << 2017/09 >> 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
03/16 お返事
01/21 お返事
11/30 z座標
11/20 z座標
08/03 お返事

タグクラウド

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。