スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

カスタムメニュー

 2010-08-25
カスタムメニューのスクリプトに機能を追加します。

1.複数のアクターを選択可能にする
2.アイテムやスキル画面などでもメニューステータスを使用する
3.あるスクリプトをマップとメニューの両方で呼び出す


1.複数のアクターを選択可能にする
>> ダウンロード
SS1008071985157.jpg
パーティ内での並び替え機能のみ実装してます。
コメント入れておきましたので、改変すれば他の機能も付けられます。
※ 並び替え機能を使用する場合は、パーティの並び変更のスクリプトも一緒に導入してください。


2.アイテムやスキル画面などでもメニューステータスを使用する
ステータスウィンドウを使用している場合は可能です。
1.Window_CustomMenuStatus#initialize に引数 (x = nil, y = nil) を追加。
2.Window_CustomMenuStatus#initialize の1行目 super を
  super(x||WINDOW_X, y||WINDOW_Y, WINDOW_W, WINDOW_H, 0) に変更。
3.すべての Window_CustomMenuStatus を Window_MenuStatus に変更。


3.あるスクリプトをマップとメニューの両方で呼び出す
※ カスタムメニュー自体は変更しません。
1.その機能を呼び出す処理を探します。
$scene = ○○.new というものがあると思うので探してください。
スクリプトの使い方のところに載っている場合もありますので、
スクリプトから探す前に説明を読んでみてください。
2.クラス定義を探す。
class ○○ という定義がスクリプト内にあるので探します。
その中の def return_scene という定義を探します。
見つかりましたら、中身を次のように書き換えてください。
無ければ追加してください。
def return_scene
if $game_temp.last_menu_index < 0
$scene = Scene_Map.new
else
$scene = Scene_Menu.new
end
end
もしも、$scene = ○○.new 以外の記述があれば、消さずにそのままにしておいてくださいね。
def return_scene を新しく追加した場合は、シーン移動の処理置き換える必要があるので、
クラス内の $scene = Scene_Map.new や $scene = Scene_Menu.new(n) などの行を
return_scene に書き換えてください。
コメント




 

 ※ コメント内にURLを含めるには、バッククォート(`)をURLの直前に付け加えてください。


管理人のみ閲覧許可 [?]

トラックバック
トラックバックURL:
http://cacaosoft.blog42.fc2.com/tb.php/447-7230439a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー
04 << 2017/05 >> 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー
最近の記事
02/28 お返事
02/14 お返事
01/21 お返事
01/12 更新情報
11/28 お返事

最近のコメント
03/16 お返事
01/21 お返事
11/30 z座標
11/20 z座標
08/03 お返事

タグクラウド

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。