デバッグウィンドウ

 2011-02-07
デバッグ文字を表示したいときには、p メソッドを使うと思いますが、
これだといちいち処理が中断されてしまいます。

そこで、『デバッグコンソール』というスクリプトを作ったのですが、
もっと簡単な方法もあります。

DebugView というソフトを使ってデバッガへ送られる文字列を表示する方法です。
DebugView

まず、デバッガへ文字列を送るためのメソッドを定義します。
module DebugView
OutputDebugString = Win32API.new('kernel32', 'OutputDebugString', 'p', '')

module_function
def trace(s)
return if !$TEST
OutputDebugString.call(NKF.nkf('-s', s))
end
end

あとは、DebugView を起動して、以下のように実行するだけでデバッグ文字を表示できます。
DebugView.trace("Test Message.")
DebugView.trace("全角文字の確認")
コメント




 

 ※ コメント内にURLを含めるには、バッククォート(`)をURLの直前に付け加えてください。


管理人のみ閲覧許可 [?]

トラックバック
トラックバックURL:
http://cacaosoft.blog42.fc2.com/tb.php/508-376214e4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー
05 << 2018/06 >> 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー
最近の記事
06/02 お返事
05/26 お返事
04/16 お返事
04/15 お返事
04/02 お返事

最近のコメント
タグクラウド

リンク