スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

注目の新機能!

 2011-12-02
ぶっちゃけ、それほど期待してなかったんだけど、
体験版見てたら欲しくなってきちゃった。
どうしよ。。。

VXの拡張版かと思いきや新機能多すぎ。
その中でも注目の機能をちょっとだけ紹介。

1.Ruby のバージョンが 1.9.2 になったよ。
1.8 から3~5倍高速になったって言われてるよ。
便利な構文やメソッドも追加されてます。
文字列周りの処理とか変更点が多いので、その辺は注意が必要です。
id メソッドも廃止されて、隠れバグができなくなったよ!

2.影ペンで影の描画および消去可能になったよ。
待ってたよー。ついに実装されたよー。

3.エリアがリージョンになって、1マスごとに指定可能になったよ。

4.F12によるソフトリセットの位置を変更できるようになったよ。
F12リセットをすると発生するエラーの原因の大半を取り除くことができます。
詳細は後述します。

5.ウィンドウの余白が調整可能になったよ。
16px って結構大きかったよね。
スキンの色変えとかもできるようになってた。

6.Syntax Error の詳細がわかるようになったよ。
end が足りないとか表示されるよ。

7.拡張ライブラリに dl 追加されたよ!
構造体の定義とか楽になるかも。
ただし、スクリプトの追加必須。
組み込まれてるのは純粋に dl だけみたい。

8.文章の表示で横スクロール可能になったよ。
制御文字を多用すると短い文でも強制改行されてたから、
これはうれしい。

9.コンソール表示が可能になったよ。
コンソールがわからない方は、こちら「デバッグコンソール
これと同じ機能が標準装備になりました。


ヘルプの情報量もすごいよ。
VXからの変更点も表とかにまとめてあるからわかりやすいよ。


ちょっと残念だったところも。
1.マップレイヤーの切り替えができない。
タイルセットや通行方向が追加されたから、大した問題じゃないね。

2.ヒントが地味に邪魔。
旧作と同じようにF1を押したときだけ表示して欲しい。

3.アイテム選択の処理で選べるのは“大事なもの”だけだった。。。
拡張スクリプトは作っちゃったけどねー。

4.Color == nil などの比較は相変わらずエラーになる。
ビットマップの大きさ制限は解消されてたよー。

5.エディタのマップ切り替えがモッサリ。
ちょっと気になる重さだなー。





ソフトリセットについて。
今作では、リセットの例外をデフォルトで捕捉するようになってます!
Ace では、ソフトリセット時にスクリプトの再定義を行いません。

そのために rgss_main という関数が新しく追加されていますが、
これをVXで実装するとおそらく次のようになります。
class Reset < Exception; end
def rgss_main
yield
rescue Errno::ENOENT
filename = $!.message.sub("No such file or directory - ", "")
print("ファイル #{filename} が見つかりません。")
rescue Reset
$scene = nil
GC.start
retry
end

これを使って Main セクションを書き換えると次のようになります。
unless Font.exist?("UmePlus Gothic")
print "UmePlus Gothic フォントが見つかりません。"
exit
end

rgss_main do
Graphics.freeze
$scene = Scene_Title.new
$scene.main while $scene != nil
Graphics.transition(30)
end





>> RGSS3 クラス階層
これおまけ。
よかったらどうぞ。
コメント




 

 ※ コメント内にURLを含めるには、バッククォート(`)をURLの直前に付け加えてください。


管理人のみ閲覧許可 [?]

> ABS さん
TileA2 の右半分が装飾タイルになったので、汎用性が上がりましたよね。
VXのマップは制限が多かったからなー。

> ありあはん さん
どうだろう?
私も RGSS3 は把握しきれていないのでコメントしづらいですが、
場所による、人によるんじゃないでしょうか?

既存の機能を拡張するようなスクリプトは、
移植先にも同じ機能があるとは限らないので、無ければ1から作る必要がありますし、
ツクールの仕様上その機能の実現が難しいもの、できないものも出てくると思います。
新規で新しいを機能を付け加えるようなスクリプトなら、
変更された部分のみを書き換えて、大部分が再利用できるので楽だと思います。

スクリプトのわかる人にとっては、変更されたところを変えるだけなので、
流れ作業で面倒とは思っても難しいとは思わないと思います。
でも、わからない人であれば、わからないのですから難しいんじゃないでしょうか?

以前、XPからVXへの移植を行った動画があるのですが、
これと同じような作業をしていくことになると思います。
`http://cacaosoft.blog42.fc2.com/blog-entry-490.html
ただ、Ace は、シーンやウィンドウの扱いが変更されているので、
このときよりもすることが多いのではないでしょうか?
【2011/12/03 23:07】 | CACAO | [編集]
スクリプトがまったくわからないのですがcacaoさんから見るとRGSS2からRGSS3への移植というのは簡単にできそうでしょうか?
【2011/12/03 12:08】 | ありあはん | [編集]
VXとの自動タイル仕様が違ってて
同列のじゃなくても柵が置けるとかいいですよね
…これは本格的に欲しくなってきたぞ…
【2011/12/03 00:32】 | ABS | [編集]
トラックバック
トラックバックURL:
http://cacaosoft.blog42.fc2.com/tb.php/602-60a116ef
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カレンダー
07 << 2017/08 >> 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
03/16 お返事
01/21 お返事
11/30 z座標
11/20 z座標
08/03 お返事

タグクラウド

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。