2013-09-04
> asdf さん
用途は、クラスの説明に『アニメーションの表示処理を追加したスプライトのクラス』とあるように
スプライト上に戦闘アニメーションを表示するために使用します。

注意点としては、アニメーションというのが、データベースでのアニメーションのことなので、
一般的なアニメーションではなく、戦闘アニメーションに限られること。
あくまでも、スプライトに処理を追加したもので、アニメーション単体を表示するものではないということ。
もちろん、スプライトに画像を設定しなければ、アニメーションのみの表示も可能です。
以上の2つがあげられると思います。
コメント






 ※ コメント内にURLを含めるには、バッククォート(`)をURLの直前に付け加えてください。



トラックバック
トラックバックURL:
http://cacaosoft.blog42.fc2.com/tb.php/697-c297980c
≪ トップページ ≫
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
タグクラウド

リンク